歯と口臭あれこれ情報記事一覧

インプラントはまるで違和感を感じることもなく、食事も健全な歯の時と同じように採ることができます。更に、別の治療方法と照らし合わせると、顎の骨が失われていくことが皆無と言えます。私達の歯牙の表層の半透明のエナメル質のすぐ下より、口内環境の指針である酸性度が低くなりPH(ペーハー)の数値が5.5〜5.7より小さくなると、歯を形成する重要な要素であるカルシウムやリンが溶解してしまいます。自分でさえ気付...

今流行のインプラントとは、歯肉の下に存在する顎の骨に、身体に馴染みやすいチタン製の人工の歯根を埋入し、その上に既製の歯を装填する技術を言います。最近になって歯の漂白を経験する方が増えていますが、施術の際に用いる薬剤の薬効で、凍みるように感じる知覚過敏の症候を誘発する事が考察されます。歯のカラーはもともとまっしろであることはまず無く、人によっては多少差はありますが、九割方の人が持つ歯の色は、イエロー...

歯を白くするホワイトニング施術を受けないケースでも、歯にできている亀裂を放置し続けると、象牙質が傷み、呼吸時の空気や熱い食べ物がかすめるだけで痛みを伴うことがあるのです。良く知られているように口腔内の唾液は、いかにも酸っぱそうなものや、おいしそうに見えるものを目にしただけで自然に分泌されるものですが、じつはむし歯や歯ぐきの歯周病等を阻止するのに作用するのが唾です。それは顎を使うのと一緒に、顎関節に...

歯の持つ色とは本来真っ白ではない事が多く、一人一人違いますが、大体の歯の持つカラーは、イエロー寄りだったり茶色寄りに感じられます。唾液自体は、口内のお掃除役と考えられるほどに重要ですが、その大切な唾液が減少するのですから、口腔内のニオイが悪化してしまうのは、当たり前のことだと認識されています。プラークコントロールという言葉を聞けば、歯ブラシでの歯磨きを思う事が大半だと推量しますが、それだけではなく...

プラークコントロールと聞けば、歯を磨くことを思い浮かべるケースが多いのではないかと予想しますが、実際はそのほかにも多種多様なプラークコントロールの出番があります。患者さんに対する情報の公表と、患者が下した方針を尊重すれば、相応の仕事がたとえ医者であっても厳しく負わされるのです。ずっと歯を使用し続けていると、外側のエナメル質はいつのまにか消耗してしまって脆くなるため、中に存在している象牙質の持つ色が...

虫歯は、虫歯の菌が歯を溶かしていく進行具合に、歯の再石灰化の機能(とけ出た歯を元の状態に戻す効用)のテンポが劣ると罹ります。大人と同じように、子どもの口角炎もいろいろな遠因が想定されます。特に目立つ要因は、偏った食生活と菌の作用に大別されるとのことです。口中に口内炎の出る遠因は、ビタミンが足りないのがそれのうちの一部ではありますが、各種ビタミンは手軽なサプリメントや、薬局でも入手することのできる医...

入れ歯の抜き取りがやれるというのは、経年によって違いをみせる口腔内とアゴの様態に適応した方法で、整えることが実行できるということです。糖尿病という側面で考え合わせると、歯周病になることによって血糖値をコントロールすることが不可能になり、そのため、糖尿病の病状の悪化を誘引してしまう懸念も考えられます。大人になっても永久歯は虫歯にかかりますが、性質上乳歯は、永久歯よりも酸への耐性が弱いので、毎日のお手...

仮歯を付けてみると、外見が不自然ではなくて、会話や食事等の日常生活にも悩みません。更に仮歯があることで、治療を受けている歯がダメージを受けてしまったり、歯列が乱れたりすることはありません。一般的には永久歯は、生えてくるのは32本ですが、場合によっては、永久歯の出そろう年令になったとしても、一部分の永久歯が、なぜか生えてくる気配のないケースがあり得ます。歯科医師による訪問診療の場面では、医師の施術が...

診療機材という物のハード面において、現代の高齢化社会から切望される、自宅訪問する歯科診療の責任を果たすことが可能なラインに達しているということが言っても差し支えないでしょう。プラークが歯表面に貼りつき、それに唾液の中にあるカルシウムやほかの数種類のミネラルが共に固まって歯石が出来上がりますが、それらの元凶は歯垢そのものです。デンタルクリーニングを受けるのは、歯周病の原因菌の増えるのを予防する効果の...

歯肉炎ができてしまうと、毎日の歯のブラッシングの時、林檎等をかんだ時、歯茎から出血したり、歯ぐきが無性にむずむずする等の状況が見られるようになります。只今、ムシ歯を有している人、それともまた以前にムシ歯に悩んでいた人、90%近くもの日本人がこうした虫歯菌を、確実に備えているとされています。審美歯科によって行われる診察では、「困っているのはいかなることか」「どんな笑顔を得たいのか」をしっかりと話し合...

今時は歯のホワイトニングを経験する人が上昇していますが、その時に用いられる薬剤による刺激で、歯が凍みるように感じる知覚過敏を誘発する可能性があるのです。歯の持つ色とは何もしなくても純粋な白色であることは無い事が多く、一人一人違いますが、大部分の歯の持つカラーは、イエローっぽかったりブラウン系に色が着いています。まず口のなかに矯正装置を取り付けし、歯に安定的に力をずっと続けて加えることで正しい位置に...

最近ではよく耳にするインプラントは、口に合わないということがなく、飲食時も自分の歯のように快適です。更に特筆すべきは、他の治療法と比較してみると、あごの骨が徐々に痩せていくというようなという不安がありません。節制した生活を念頭に、唾液によった補修作業にもっと拍車をかけるという要旨に目を留めた上で、重要な虫歯の防止に重きをおいて考察する事が理想とされます。最初は歯周病を起こす菌が歯の表面にくっついて...

さし歯の根が折れてしまったらそれを歯根破折と呼びますが、もう二度と使えない状態です。その一般的な状態では、歯を抜いてしまう事になるのです。審美歯科の治療で、一般的にセラミックを使用する場合には、例えば歯冠継続歯の入替えなどが用い方としてありますが、詰め物等にも馴染み深いセラミックを使用することができるようです。唾液そのものは、口のなかの掃除役とも言われるくらいに重要ですが、その大切な唾液が減少すれ...